自分“好み”のことから英語を学ぶ『このみんぐりっしゅ』

元英会話講師。現在、英語系ライター。英語多読を楽しむ毎日。主に、読んだ本の記録と英語のことを綴っています。

クリスマスが近づいてきた頃に読んでおきたい「A Christmas Carol」のご紹介


f:id:konominglish:20191115194508j:image

 

今年も残すところあと1か月少し。

クリスマスの準備をし始める季節がやってきました。

そんな時に読みたいのが「A Christmas Carol」です。

そこで今回は、「A Christmas Carol」についてご紹介したいと思います。

 

 

1.「A Christmas Carol」とは

2.「A Christmas Carol」のあらすじ

3.お勧めの「A Christmas Carol」はコレだ

4.「A Christmas Carol」を読むときに押さえておきたい英語表現

 

 

 

1.「A Christmas Carol」とは

1843年に出版された、英国の文豪チャールズ・ディケンズが書いた小説です。

数あるクリスマスのお話の中で最も有名なお話と言えるでしょう。

何度も映画化されており、日本語訳の小説も出版されています。

舞台、アニメ、コミックにもなっているので観た方も多いかもしれません。

 

 

2.「A Christmas Carol」のあらすじ

 主人公は、初老の商人スクルージ。冷酷で卑しくて、自分のことしか考えない男です。7年前に亡くなった共同経営者マーレイの冥銭を持ち去るほどで、みんなに嫌われていました。

クリスマスを明日に控えた日、その亡くなったマーレイの霊がスクルージの前に現れました。もしこのままスクルージが自分勝手に生活をしているとどんなに酷いことが起こるのかを伝えるためにやってきたのです。マーレイは、これからスクルージの生き方を改めるために過去・現在・未来の3つの霊が現れると言いました。

果たして、その霊たちはスクルージに何を教えてくれるのでしょうか。そして、スクルージはそこから何かを学ぶことができるのでしょうか…。

(あとは、読んでからお楽しみにしておきますね。)

 

 

3.お勧めの「A Christmas Carol」はコレだ

「A Christmas Carol」はとても有名なお話なので、様々な形態で出版されています。

その中でも読みやすいのは、PENGUIN READERSから出版されているものです。

PENGUIN READERSとは英語学習者向けに書かれた本で、英語レベルによって使用される単語数も限られています。

「A Christmas Carol」はレベル2に該当し、英検準2級程度となっています。

レベルに関しての詳細はこちらをご確認ください。

英語多読初心者やあまり洋書に慣れていない方にお勧めの1冊です。

 

 

4.「A Christmas Carol」を読むときに押さえておきたい英語表現

 

carol

「(宗教的な)祝歌、楽しげに歌う」という意味です。

日本のクリスマスでは、稲垣潤一さんの“クリスマスキャロルが流れる頃には”という曲が有名ですが、その“クリスマスキャロル”の意味を知らないという人も少なくはありません。クリスマスキャロルは「クリスマスの祝歌」という意味です。

 

humbug

「ばかげたこと、インチキ」などと言った意味がありますが、この単語だけを単体で使うことで「ばかばかしい」「くだらない」といった間投詞としての役割もします。

普段の英会話で使うことはありませんが、主人公スクルージが何度も口にする言葉なので覚えておくほうが物語を楽しめるかと思います。

 

こうして2つの単語をピックアップすると、本の中に難しい英単語が多く書かれているように思われるかもしれませんが、この2つ以外は比較的よく見かける英単語ばかりですので読みやすいと思います。

 

 

私も今回ブログに書くにあたって読み直したのですが、36ページ(絵だけのページもあり)で単語数も8,882語なのでサクッと読めました。

気になった方は、是非この本を手に取ってみてくださいね。

子どもにも大人にもお勧め「Curious George(おさるのジョージ)」で英語学習

みなさんは「おさるのジョージ」というアニメを知っていますか?

現在、毎週土曜日にEテレで放送されています。

www6.nhk.or.jp

 

実はこの「おさるのジョージ」、英語を学ぶ子どもから大人まで全ての方にお勧めの

学習教材なのです。

 

その理由を4つご紹介します。

 

1.日本語と英語の二か国語で観られる

2.気軽にサクッと観られる

3.楽しみながら日常会話を学べる

4.絵本で読解力も鍛えられる

 

 

1.日本語と英語の二か国語で観られる

おさるのジョージ」は日本語と英語の二か国語で放送されています。

日本語字幕もありますので、日本語字幕+英語音声という組み合わせで観ることも可能です。

洋画を英語音声+日本語字幕で観て英語の勉強をしている方も多いかとは思いますが、それが「おさるのジョージ」でもできるのです。

我が家ではリアルタイムで観るときは日本語で観させていますが、同時に番組を録画しているので、時間のある時にその音声を英語に切り替えて娘に観させています。

(観させているとは言っても、BGMのように流れているだけですが…。)

 

 

2.気軽にサクッと観られる

おさるのジョージ」は毎回2話ずつ放送されています。

1話あたり10分程なので長すぎず、短すぎず。

ちょっと気が向いたときに観られるのが魅力です。

 

 

3.楽しみながら日常会話を学べる

おさるのジョージ」の物語は、ごく普通の日常で起こります。

子供向けのストーリーなので難しい専門用語などもでてきません。

だからといって、簡単な英語ばかりがでてくるわけでもなく、英語上級者の方でも十分に学べることが多い英語表現なども出てきます。

子どもや英語初級者はアニメの動きを頼りにストーリーを楽しむことができますし、英語中級以上の方はリスニングを鍛えたり、新たな表現を学ぶのにとっておきの教材となります。

 

 

4.絵本で読解力も鍛えられる

おさるのジョージ」の原作は「Curious George」という絵本です。

curiousとは、「好奇心の強い」という意味です。

昔、「Curious George」には「ひとまねこざる」という邦題がつけられていたのですが、いつのまにか「おさるのジョージ」という名前になったんですね。

 

私と「Curious George」との出会いは15年以上前。

当時、アニメや和訳された絵本の存在を知らずに、書店でこの表紙の絵にひかれて購入したのがきっかけです。

 

f:id:konominglish:20191114105917j:plain

 

 当時、まだまだ英語力が低かったのですが、そこはやはり絵本。

絵を見れば、だいたいのストーリーは想像できます。

そこで気に入った私は、さらに「Curious George」の本を揃えます。

 

f:id:konominglish:20191114105940j:plain

 

最終的に、こちらも購入しました。

 

f:id:konominglish:20191114110003j:plain

 

こちらは1冊に8作品が入っている&ハードカバーなのでお得です。

先ほどもご説明した通り、英語は簡単すぎるわけでもなく、難しすぎるわけでもなく。

多少分からない表現があっても、絵を頼りにすることで、ストーリーを理解して読み切ることができます。

そうした達成感のようなものが、「もっと英語を読みたい!」という気持ちさせるのかもしれませんね。

 

そんなこんなで、私はすっかりCurious Georgeにはまり、ぬいぐるみなどもいくつか集めてしまいました。

そのおかげか、娘もすぐにCurious Georgeの虜になり、今では親子で楽しくアニメと絵本を観ています。

勿論、娘は英語を理解してはいませんが「英語の音」が好きで、ストーリーは絵を頼りに理解しているようです。

 

…と、すっかり私の話になってしまいましたが、「おさるのジョージ」は英語初級者~上級者まで皆さんにお勧めです。

 

気になった方は早速、次の放送日に音声を切り替えて英語で観てみてください。

また、「Curious George」の絵本も書店や図書館にあるかと思いますので、是非手に取ってみてくださいね。

 

 

ハロウィンとは?これだけは知っておきたいこと!

 

f:id:konominglish:20191001213859p:plain


10月に入り、街はすっかりハロウィンモード。

100円ショップのオススメ棚にはハロウィンの雑貨があふれていますよね。

食料品売り場のお菓子コーナーでは、ファミリーパック(カントリーマームの大袋とか)のパッケージがハロウィン仕様になっていて可愛いです。

テーマパークのCMを見ていても「ハロウィンイベント開催中」など、どこもかしこもハロウィンムードに染まってきました。

 

そんな『ハロウィン』。

 

もし皆さんが、周りに英語を勉強していることを公言しているのであれば、ハロウィンについてちょっとは知っておかなきゃ!ですよね。

 

そんなわけで、ここからは「ハロウィンについてこれだけは知っておきたいこと」をご紹介します。

 

①ハロウィンとは?

②Jack-o'-lantern 「ジャック・オ・ランタンジャコランタン)」って何?

③ハロウィンで覚えておきたいフレーズ

 

 

①ハロウィンとは?

 毎年10月31日に行われるヨーロッパ発祥のお祭りです。

旧歴では11月1日が新年とされており、その前日の大みそかに死者が帰ってくると信じられていました。簡単に言うと、日本のお盆のようなものです。

その時に、悪い霊や魔女たちも一緒に来ると言われており、それから身を守るために、仮面を被ったり、仮装をして霊を驚かせてこちらへ来ないようにしようというのが始まりでした。

今ではこうした意味合いも薄まり、日本では、仮装をしたりコスプレ(?)をしたりする人がわんさか増えてきましたよね。

 

 

②Jack-o'-lantern 「ジャック・オ・ランタンジャコランタン)」って何?

カボチャをくり抜いて作るアレです。

ジャックというのはアイルランドの物語に出てくる男の名前です。ジャックは悪さばかりしたために天寿を全うした後に天国には行けず、悪魔にもひどいことをしてきたために地獄にも行けなくなります。辺りは真っ暗。困ったジャックは悪魔に「灯りが欲しい」と乞い、悪魔は地獄で燃えている炎を分け与えました。ジャックは近くに合ったカブをくり抜いて、そこに悪魔から受け取った炎を入れました。そして、ジャックはそのランタンを持って、この世とあの世をさまよい続けている…。よくよく聞いたら怖い話ですよね。。

そして、そのようなお話がアメリカに伝わり、カブよりもカボチャが豊作なアメリカではカボチャをくり抜いてランタンを作るようになりました。これが定着して、Jack-o'-lantern =カボチャの提灯になったのです。

 

 

③ハロウィンで覚えておきたいフレーズ

 

Trick or Treat.”「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ」

と、言われたときに返す言葉が…

 “Happy Halloween!”「ハロウィンおめでとう!」です。

 

仮装をして、誰かを脅かすときには

“Boo!”「ばぁっ!」と言いましょう。

 

友人の仮装などを見てイイネと思ったときは

“Nice costume.”と褒めてあげましょう。

 

そして、“Have a nice day.”「良い一日を。」のハロウィンVer.が

“Have a spooky Halloween!”「怖いハロウィンを!」です。

“spooky”とは、「幽霊のような、気味の悪い」という意味です。

 

 

 まとめ

ハロウィンに関する、最低限知っておきたいことをサクッとまとめてみました。

Jack-o'-lanternのくだりなど、気になった方はまた検索してみてくださいね。

2019年のハロウィンはどんなものになるのでしょうか?

ハロウィン当日にSNSなどで検索すると、外国のハロウィンの様子なども見れて面白いですよ!

 

 

(余談)

昨年のハロウィンのときにカボチャ料理を作ろうと、カボチャシチューなどを見ていたのですが…当日、洋食よりも和食の気分になってしまい、カボチャの煮つけを作り、冬至のようになってしまいました(笑)。

今年こそは、カボチャの洋食を作ってリベンジしたいと思います。