自分“好み”のことから英語を学ぶ『このみんぐりっしゅ』

育児中心。英検準1級取得済み。英検1級合格を目指します!

ハロウィンとは?これだけは知っておきたいこと!

 

f:id:konominglish:20191001213859p:plain


10月に入り、街はすっかりハロウィンモード。

100円ショップのオススメ棚にはハロウィンの雑貨があふれていますよね。

食料品売り場のお菓子コーナーでは、ファミリーパック(カントリーマームの大袋とか)のパッケージがハロウィン仕様になっていて可愛いです。

テーマパークのCMを見ていても「ハロウィンイベント開催中」など、どこもかしこもハロウィンムードに染まってきました。

 

そんな『ハロウィン』。

 

もし皆さんが、周りに英語を勉強していることを公言しているのであれば、ハロウィンについてちょっとは知っておかなきゃ!ですよね。

 

そんなわけで、ここからは「ハロウィンについてこれだけは知っておきたいこと」をご紹介します。

 

①ハロウィンとは?

②Jack-o'-lantern 「ジャック・オ・ランタンジャコランタン)」って何?

③ハロウィンで覚えておきたいフレーズ

 

 

①ハロウィンとは?

 毎年10月31日に行われるヨーロッパ発祥のお祭りです。

旧歴では11月1日が新年とされており、その前日の大みそかに死者が帰ってくると信じられていました。簡単に言うと、日本のお盆のようなものです。

その時に、悪い霊や魔女たちも一緒に来ると言われており、それから身を守るために、仮面を被ったり、仮装をして霊を驚かせてこちらへ来ないようにしようというのが始まりでした。

今ではこうした意味合いも薄まり、日本では、仮装をしたりコスプレ(?)をしたりする人がわんさか増えてきましたよね。

 

 

②Jack-o'-lantern 「ジャック・オ・ランタンジャコランタン)」って何?

カボチャをくり抜いて作るアレです。

ジャックというのはアイルランドの物語に出てくる男の名前です。ジャックは悪さばかりしたために天寿を全うした後に天国には行けず、悪魔にもひどいことをしてきたために地獄にも行けなくなります。辺りは真っ暗。困ったジャックは悪魔に「灯りが欲しい」と乞い、悪魔は地獄で燃えている炎を分け与えました。ジャックは近くに合ったカブをくり抜いて、そこに悪魔から受け取った炎を入れました。そして、ジャックはそのランタンを持って、この世とあの世をさまよい続けている…。よくよく聞いたら怖い話ですよね。。

そして、そのようなお話がアメリカに伝わり、カブよりもカボチャが豊作なアメリカではカボチャをくり抜いてランタンを作るようになりました。これが定着して、Jack-o'-lantern =カボチャの提灯になったのです。

 

 

③ハロウィンで覚えておきたいフレーズ

 

Trick or Treat.”「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ」

と、言われたときに返す言葉が…

 “Happy Halloween!”「ハロウィンおめでとう!」です。

 

仮装をして、誰かを脅かすときには

“Boo!”「ばぁっ!」と言いましょう。

 

友人の仮装などを見てイイネと思ったときは

“Nice costume.”と褒めてあげましょう。

 

そして、“Have a nice day.”「良い一日を。」のハロウィンVer.が

“Have a spooky Halloween!”「怖いハロウィンを!」です。

“spooky”とは、「幽霊のような、気味の悪い」という意味です。

 

 

 まとめ

ハロウィンに関する、最低限知っておきたいことをサクッとまとめてみました。

Jack-o'-lanternのくだりなど、気になった方はまた検索してみてくださいね。

2019年のハロウィンはどんなものになるのでしょうか?

ハロウィン当日にSNSなどで検索すると、外国のハロウィンの様子なども見れて面白いですよ!

 

 

(余談)

昨年のハロウィンのときにカボチャ料理を作ろうと、カボチャシチューなどを見ていたのですが…当日、洋食よりも和食の気分になってしまい、カボチャの煮つけを作り、冬至のようになってしまいました(笑)。

今年こそは、カボチャの洋食を作ってリベンジしたいと思います。

 

 

『DADDY-LONG-LEGS』を読んでいました。

とってもご無沙汰してしまいました。

みなさま、いかがお過ごしでしたでしょうか。

 

私は4月中旬からライターの仕事が決まり、子どもが学校に行ってからはずっと自宅でカチャカチャとパソコンのキーを叩いておりました。

子育てでいっぱいいっぱいのときから「在宅ライター」したくてたまらなかったので、念願の夢が叶って万々歳です!

 

そして、英語の勉強からも少し遠ざかってしまっていたのですが、最近になって仕事に慣れてペース配分ができるようになってきたこと、そして夫がネイティブキャンプのオンライン英会話の受講を始めたのをきっかけに、再度英語熱があがってきているところです。

 

とはいっておきながら、やっぱり読書が好きなので、洋書は読んでいました。

 

あしながおじさん『DADDY-LONG-LEGS』

(ココは写真の載せ処だと思うのですが、Kindleで読んでいたので写真がなくてごめんなさい。)

 

昔は、世界名作劇場のようなお話がなんだか苦手だったのですが、最近になって年なのか気持ちが落ち着いてきて、こうしたお話も楽しめるようになりました。

あしながおじさん、途中から「もしかしてあなたが…?」と思いながら読んでいて、正直予想通りでしたが、女子としては最後にキュンとくる感じで良かったです。

 

やっぱり読書って、想像の翼を広げられるし、現実逃避ができるからたまらない!!

(現実逃避したいほどのことはないんだけど←そこはちゃんと言っておかないと誤解されちゃうからね。)

 

最近、図書館で昨年の今頃の雑誌を借りるのにはまっていて、今手元にあるのが

 

『日経WOMAN 2018年10月号

特集:新時代の人生を変える「勉強」大作戦』

 

この記事が、もう刺激的で。

私も「勉強せな!」っていうか「勉強したい!」ってなりました。

そんなわけで、私も再びバリバリ勉強します。

 

主婦業・ママ業・ライター業・英語勉強・その他趣味(読書とかピアノとか色々)

そして、このブログ。

 

時間をうまく使って、自分時間をしっかりと充実させたいと思います。

 

 

TOEICとバーベキューに関する英語

1ヵ月以上振りとなりました。
 
この1ヵ月間は、4月14日に行われたTOEIC受験のための勉強に大半の時間を使っていました。受験された方々、実力を発揮できましたか?
 
私は1年前に受験した時より、リーディングにかなり自信があります。なんていうと「じゃあ良いスコアがでるんだよね。」なんて言われそうですが、“昨年に比べるとかなり解けた気がする”という感じです。まだ結果が出ていないので本当のところはわかりませんが、これは昨年から本格的に始めた多読、そして多読を楽しく継続させるために書いていたこのブログのおかげだっのではないかと思っています。
 
4月のTOEIC結果はオンライン上で、5月7日(火)に確認することができます。
あー、早く知りたい!!
 
 
 
話が変わります。
 
先日、家族で“手ぶらバーベキュー”というものを初体験してきました。
食材も飲み物も、重たい炭も全部その場に用意されています。
だから、現地に行って炭を入れて肉を焼くだけでOK。すごく楽!
 
お外でお肉を焼いて、タレをつけて食べる。
 
ただそれだけなのに、バーベキューって楽しいし、とっても美味しい。
これからのゴールデンウィークにバーベキューをしに行く方も多いのではないでしょうか。
私もまた行きたいです。
 
さてさて、さっきから何度も出てきている「バーベキュー」という言葉。
英語で省略してBBQと書かれることが多いですが、きちんとスペルで書けますか?
 
正解は
 
 
barbeque
 
 
発音から大体のスペルは予想できますが、最後の“e”を忘れがち。。
「BBQと書いてあると分かるけど、barbequeと書かれていたらちょっとわからない。理解するのに時間がかかる。」という方もいるみたいなので要チェックです!
 
さて、ついでにバーベキューでよく使うものの英語を2つ確認しておきしょう。
 
1.串
2.炭
 
 
正解は、
 
1.skewer  「串」
2.charcoal 「炭」
 
 
なかなか普段使わない単語ですし、スペルも難しいのでこの機会にしっかり目と頭に焼き付けておいてください。
 
 
最後に、我が家の手ぶらバーベキューの写真をご紹介。
 
f:id:konominglish:20190423200203j:image
 
殺風景でごめんなさい!
しかもホイルで包まれてるの、何かわからんし~!
(きのこ類とパプリカ、玉ねぎ、じゃがいもです。)
大人2人、幼児1人で食べるバーベキューはこの位のペースでないと焦げてしまうので仕方ないよね…ということにしておこう。
 
 
最後に、持って行ったリンゴで焼きリンゴを作りました(←手ぶらだけど、持ち込みもOKだったのでリンゴだけ持っていきました。)

f:id:konominglish:20190423200227j:image
 
これも、初めてにしてはよくできていて美味しかったです。
子どもにも好評でした。
 
ちなみに、焼きリンゴは英語で“baked appleといいます。
これから暑くなるし、今度はこれにアイスクリームを添えて食べたいな。
 
では、see you soon!