自分“好み”のことから英語を学ぶ『このみんぐりっしゅ』

元英会話講師。現在、英語系ライター。英語多読を楽しむ毎日。主に、読んだ本の記録と英語のことを綴っています。

Oxford Reading Tree Level 11のシリーズを読んでの感想

子どもにも英語多読をさせようと決意し、子どもの前にまずは私が読もうとOxford Reading Treeシリーズを読んでいます。

Level 0の英文のない、絵だけを見る「多観」から始まり、スキマ時間にちょこちょこと読み進めてやっとLevel 11まできました。

 


f:id:konominglish:20200119102436j:image

 

折角読んだので、感想を書き残しておこうと思います。

9冊あるのですが、1冊はLevel10と被っていることと、2冊は好みでなかったので(ごめんなさい)読み飛ばしました。

そんなわけで実際に読んだのは6冊なのですが、感想を書こうと思いついたのがつい最近のため、その中の3 冊についてほんのちょこっとだけ感想を書きます。

あとの3冊はただの箇条書き程度のものです。

 

語数と読みやすさレベルYLは、語数検索などを参考にしています。

もし、誤りなどがあれば教えていただけますと幸いです。

 

 

 

『Clever Monkey』

総語数: 3,525語
YL 読みやすさレベル: 2.0-2.5

 

サファリパーク内にいるサルたち。ある日、檻の鍵を見つけた賢いサルたちは…というお話です。 

作品を読み進めていく順番のせいかもしれませんが、動物が主人公のお話ばかりに出会い、少し飽き飽きしていた頃に読んだお話です。だけどこの作品は、途中でハラハラするシーンもあり、大人の私でも楽しみながら読むことができました。

 


Oxford Reading Tree All Stars: Oxford Level 11 Clever Monkey

 

 

 

『Dick Whittington』

総語数::2,905語

YL 読みやすさレベル: 2.0-2.5

山で主人の豚たちを飼育する毎日を送っている少年が、都会のロンドンに憧れて旅立ちます。そこで一匹の猫と出会い…というお話。

“Nobody can stop a person from a dreaming”という一文がお気に入りです。

 


Oxford Reading Tree All Stars: Oxford Level 11 Dick Whittington

 

 

 

 『stinky street』

総語数:1,682語

YL 読みやすさレベル:1.4

 

新しく増える家族のために広い家に引っ越したい両親と、それを阻止しようとする男の子のお話。

他の本に比べて読みやすさレベルも低く、非常に読みやすかったです。

私が小学2年生だった頃、家主さん都合で引っ越しをしなければいけなくなり、それが嫌で、家主さんの玄関のレールの上に小さな石を並べたことを思い出しました。だけど砂利程度だったので、何事もなかったかのように家主さんは玄関の扉を開け閉めしていました。でも、今さらですがごめんなさい。。

 

  
Oxford Reading Tree Treetops Fiction: Level 11 More Pack B: Stinky Street (Treetops. Fiction)

 

 

 

↓ここからは、読んだ本の箇条書きです。 

 

『The Huge Horrible Beast

総語数::3,208
YL 読みやすさレベル: 2.0-2.5


Oxford Reading Tree All Stars: Oxford Level 11 The Huge and Horrible Beast

 

 

 『Brer Rabbit’s Trickbag』 
総語数:3,474

YL 読みやすさレベル: 2.0-2.5


Oxford Reading Tree: TreeTops All Stars: Brer Rabbit's Trickbag: Brer Rabbit's Trickbag (Treetops all stars pack 3)

 

 

『animal tricksters』

語数、読みやすさレベルともに不明

(もし、ご存じの方がいれば教えてください!)


Oxford Reading Tree Treetops Myths and Legends: Level 11: Animal Tricksters by Candy Gourlay(2014-01-09)

 

 


Oxford Reading Treeシリーズを0から読み進めていく中で、最初は英文が少なすぎて読んだ心地がしなかったのですが、最近は語数も増え、内容も楽しめるようになってきました。

Level 12以降は、1冊ずつもう少しきちんと感想を書いていきたいと思います。

また、子どもと読んでいくLevel 1~の感想も随時書いていく予定です。

 

 

最後に…

遅くなりましたが2020年の抱負です。

多読仲間(先輩)をたくさん増やす!!

ブログ・SNS問わず、どんどんお声がけをさせていただくかと思います。

良ければ仲良くしていただけると幸いです。

では、遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。

 

 

「英語多読 すべての悩みは量が解決する!」を読んだ感想

今回、ご紹介したい本は「英語多読 すべての悩みは量が解決する!」です。


f:id:konominglish:20191220222819j:image

 

私自身は長年英語多読をやってきたのですが、最近、自分の子どもにも英語多読を始めたので、改めて英語多読について考えようと思い、この本を手に取りました。

 

この本のはじめにも書かれていましたが、

やはり、多読の3原則はこちらです。

 

・辞書は捨てる

・分からないところは飛ばす

・自分に合わないと思ったら投げる

 

 

この本には「最初は文字なしの絵本からはじめる」と書かれており、

正直、それはつまらなそう、じれったいと思っていたのですが

私には有難いことに子どもがいたので文字なし絵本にも挑戦しました。

 

普段から子どもへの読み聞かせのために日本語の絵本を読んでいましたが、先を急ぐ子どものために文字を追うのに必死であまり絵は見れていませんでした。

 

しかし、文字なしの絵本は「絵」しか楽しみがないので、絵の細部までじっくり見て、子どもとあーだこーだ言いながら楽しくページをめくりました。

 

現在は我が子も文字ありの絵本を読んでいるのですが、文字な絵本で楽しむところから始めたおかげか、英語がわからずとも絵を見て想像して楽しんでいるようです。

特に『Five Little Monkeys』の話がお気に入りのようです。

 

話が逸れましたが、「英語多読 すべての悩みは量が解決する!」の本では、中学1年生春から英語多読を始めた人がその年に1000ページ超えの洋書を読めるようになっていたと書かれていました。

しかも、その他にもそのような中学生がいるらしく、我が子もそうなったら逞しいなぁと思いながら読みました。

 

 そして、やっぱり若い子のほうが習得しやすいんだなぁなんて思っていたのですが、高齢の方の多読効果の実例もあげられており、30代の私ならまだまだいけるはず!…なんて、勇気をもらいました。

 

この本には他に、先ほどご紹介した多読3原則の詳細や様々な多読素材、多読についての疑問や悩みにも答えてくれています。

 

また、読むだけでなく、たくさん観ること(洋画の映像など。文字なし絵本と同じ要領で)、聴くこと、書くこと、話すことに発展しようということも書かれていました。

 

 そして、とにかく好きなことをとことん読みまくるのが長続きもするし、効果もあるのだと書かれていて、私の英語多読に対して「それでいいんだよ」と背中を押してもらえたような気がしました。

 

これから英語多読をはじめる方、もう既に始めているけど不安を感じている方におすすめの1冊です。

 

 

余談ですが…

先日、BS放送のDlifeで「ディセンダント1~3」が放送されていたので観たのですが、すっかりはまってしまいました。

私の場合、普段は1作目で作品にはまり2話目以降で熱が冷めることが多いのですが、ディセンダントは最初から最後まで全て面白かったです。

特に歌やダンスシーンがかっこよくて、「生まれ変わったらディセンダントに出演したい」なんて本気で一瞬思ってしまう程でした(笑)。

勿論はストーリーも良かったので、楽天koboでディセンダントの洋書があるので購入して年末年始に読もうかと検討中です。

 

では、See you soon.

 

クリスマスが近づいてきた頃に読んでおきたい「A Christmas Carol」のご紹介


f:id:konominglish:20191115194508j:image

 

今年も残すところあと1か月少し。

クリスマスの準備をし始める季節がやってきました。

そんな時に読みたいのが「A Christmas Carol」です。

そこで今回は、「A Christmas Carol」についてご紹介したいと思います。

 

 

1.「A Christmas Carol」とは

2.「A Christmas Carol」のあらすじ

3.お勧めの「A Christmas Carol」はコレだ

4.「A Christmas Carol」を読むときに押さえておきたい英語表現

 

 

 

1.「A Christmas Carol」とは

1843年に出版された、英国の文豪チャールズ・ディケンズが書いた小説です。

数あるクリスマスのお話の中で最も有名なお話と言えるでしょう。

何度も映画化されており、日本語訳の小説も出版されています。

舞台、アニメ、コミックにもなっているので観た方も多いかもしれません。

 

 

2.「A Christmas Carol」のあらすじ

 主人公は、初老の商人スクルージ。冷酷で卑しくて、自分のことしか考えない男です。7年前に亡くなった共同経営者マーレイの冥銭を持ち去るほどで、みんなに嫌われていました。

クリスマスを明日に控えた日、その亡くなったマーレイの霊がスクルージの前に現れました。もしこのままスクルージが自分勝手に生活をしているとどんなに酷いことが起こるのかを伝えるためにやってきたのです。マーレイは、これからスクルージの生き方を改めるために過去・現在・未来の3つの霊が現れると言いました。

果たして、その霊たちはスクルージに何を教えてくれるのでしょうか。そして、スクルージはそこから何かを学ぶことができるのでしょうか…。

(あとは、読んでからお楽しみにしておきますね。)

 

 

3.お勧めの「A Christmas Carol」はコレだ

「A Christmas Carol」はとても有名なお話なので、様々な形態で出版されています。

その中でも読みやすいのは、PENGUIN READERSから出版されているものです。

PENGUIN READERSとは英語学習者向けに書かれた本で、英語レベルによって使用される単語数も限られています。

「A Christmas Carol」はレベル2に該当し、英検準2級程度となっています。

レベルに関しての詳細はこちらをご確認ください。

英語多読初心者やあまり洋書に慣れていない方にお勧めの1冊です。

 

 

4.「A Christmas Carol」を読むときに押さえておきたい英語表現

 

carol

「(宗教的な)祝歌、楽しげに歌う」という意味です。

日本のクリスマスでは、稲垣潤一さんの“クリスマスキャロルが流れる頃には”という曲が有名ですが、その“クリスマスキャロル”の意味を知らないという人も少なくはありません。クリスマスキャロルは「クリスマスの祝歌」という意味です。

 

humbug

「ばかげたこと、インチキ」などと言った意味がありますが、この単語だけを単体で使うことで「ばかばかしい」「くだらない」といった間投詞としての役割もします。

普段の英会話で使うことはありませんが、主人公スクルージが何度も口にする言葉なので覚えておくほうが物語を楽しめるかと思います。

 

こうして2つの単語をピックアップすると、本の中に難しい英単語が多く書かれているように思われるかもしれませんが、この2つ以外は比較的よく見かける英単語ばかりですので読みやすいと思います。

 

 

私も今回ブログに書くにあたって読み直したのですが、36ページ(絵だけのページもあり)で単語数も8,882語なのでサクッと読めました。

気になった方は、是非この本を手に取ってみてくださいね。