自分“好み”のことから英語を学ぶ『このみんぐりっしゅ』

育児中心。英検準1級取得済み。英検1級合格を目指します!

悲劇→ラジオ英会話の効果→今月の目標

それは一瞬の出来事でした。
 
昨夜、私は子どもの寝かしつけをしていました。
いつの間にか私自身も眠ってしまっていて、ふと気づくと顔に違和感が。
 
そう、
 
I felt something crawling up my face.
It was a cockroach. Aargh!!!
 
「何かが私の顔を上がってくるのを感じた。
それはゴキブリだった。あ~!!!」
 
あー、未だに、Gが私の顔を走った感覚が思い出されます。
その後Gは逃亡。今日、薬局でGと戦うための道具を買ってきました。
早く退治するなりなんなりしないと。
ちょっとトラウマになってしまっていて、ゆっくり眠れない。
3階だというのに、いったいどこからはいったんやろ。許すまじ、G。

…さて、本題に戻ります。
この英文、ラジオ英会話を受講されている方ならピンきたはず。
5月10日放送分の英作文の問題。
 
I felt something crawling up my leg.
It was a big hairly spider. Aargh!!!
 
「何かが私の足を上ってくるのを感じた。
大きな毛むくじゃらのクモだった。あ~!!!」
 
私が最初に書いた英文は、ラジオ英会話で出てきたこの英文の単語を変えたものです。
 
私は毎晩、その日の出来事を英語日記に書くことにしていて、いつも英文を考えながらじっくりと英文を書いていくのですが、昨夜はパッと英文が頭に浮かんであっという間に書くことができました。
それもこれも、本当にラジオ英会話のおかげです。
そして、きちんと音読・復習していた成果が出たのかな。
音読って本当に大事!!
こういう嬉しい成長を感じられると「よし、この調子で頑張ろう!」という気持ちになります。
 
 
一方、『FACTBOOK』の進捗状況。
今月は【英文法強化月間】と名付けて『FACTBOOK』に取り組み、参考書を2周読みました。
その結果、章の最後にあるEXERCISESの問題は全問正解するのですが、他の問題集の問題を解くと間違ったり、正解はできたものの感覚的で、もし誰かに「この問題の解説をしてください」と言われたらキビシイなぁというのが本音。
また、『FACTBOOK』の例文を「日本語→英語にしてください」と言われたら、しどろもどろになることもしばしば。
 
それが悔しいので今は、桐原書店のホームページからダウンロードした『FACTBOOK』の音声データをBGMにしています。
今はとりあえず、“英文のみハイスピード”を聴いています(ハイスピードといっても、普通に聞き取れる速度です)。
慣れてきたら、“英文のみノーマルスピード”を聴きながら音読やシャドーイングをして、いずれは(できれば今月末には)、“和文ー英文”を聴きながら瞬間英作文をして、スラスラと口から英語が出てくるようにします!
 
あっ、宣言してしまった。
 
よし、やるぞ!!
 
 
 
余談ですが…
先日、図書館で英語対訳つきのアンパンマンの絵本を借りてきました。
アンパンマンの英語版は初めて見たので興奮しながら読み、面白かったからAmazonで購入しようかと検索したら、中古品として10,000円以上の価格で販売されていました。
定価の10倍以上。高すぎる。プレミアものの本なんですね。ビックリ!
大切に読まなきゃ。

f:id:konominglish:20180605172819j:plain    f:id:konominglish:20180605172836j:plain