自分“好み”のことから英語を学ぶ『このみんぐりっしゅ』

育児中心。英検準1級取得済み。英検1級合格を目指します!

お盆休み中の勉強結果/次に読む洋書たち

お盆休みが終わり、いつもの日々が始まりましたね。
我が家では8月10日~19日までの10日間の夏休みでした。
主人と私の実家に帰ったり、道の駅に行ったり、お洒落なカフェを探してランチに行ったりと、特別遠くにお出かけをしたわけではないけど、家から車で1時間程の距離内でのんびりと過ごしていました。
 
先週中頃から徐々に涼しくなってきてクーラーを頼ることが減り、窓から入ってくる気持ちのいい風で過ごせる時間が増えました。
もう季節の変わり目?今年の夏は猛暑だったので早く涼しくなってほしいと思ってたけど、実際に季節の変わり目を感じると少しセンチメンタルな気持ち。
だけど、自宅で窓からの心地よい風を感じながらソファで読書をするのが好きなので、最近のこの気候が有り難かったりもします。
 
さてさて、お盆休みに入る前に書いた私の目標。
 
目標:“Totto-chan  The Little Girl at the Window”を読みきる勢いで読む!
 
達成しましたー!
 
いや、正直に言うと…前回のブログにも書いたように、実家に帰っている3泊4日の間に読み切る予定だったのですが、もう寝る準備万端で暗闇で布団の中でスマホで英文読んでると眠くなるのが早くて…。実際は、この10日間をかけて読み切りました。
 
だけどやっぱり、本1冊、しかも洋書を読み切るというのはとっても達成感があって嬉しい!
この洋書版を読む前に日本語で「窓際のトットちゃん」も読んでいて、すごく好きなお話でかなり内容も覚えていたので、洋書版でも比較的ラクに読むことができました。
 
だけど、所々分からない表現やどうしても気になる単語がチラホラ。
そういうときは、その表現にマーカーをつけておいて(電子書籍なので簡単にマーカーをつけたり消したりできる)、その時は調べずに後から調べたりしました。電子書籍ってイイネ!
 
そんなこんなで、洋書を1冊読み切ったし、かなり読書欲があがってきた私。
だけど、そんなにポンポンと電子書籍を買うのも大変なので図書館で洋書を借りてきました。
図書館で借りた本にはマーカーをひくこともできないし、とにかくモリモリと読みたい気分なのでこの4冊。

 

 f:id:konominglish:20180820080855j:plain
 
IBCオーディオブックスシリーズです。
 
こちらの本の使い方としては
まずは、とにかく付属CDを聴いて、次に気に入った章を聴きまくって、その英文を読んで口に出して…といったものなのですが、すみません。
私はリーディングが苦手でその力を伸ばしたいので先に読みます。そして、CDをBGM代わりに家事の間に聴きまくりたいと思います。
 
また、これらの本を読んだ感想を書きますね。
感想を期待してくれている方がいるのかは不明ですが(笑)、誰かに感想を伝えなきゃと思って読む方が記憶に残るので。
 
もう早く本を読みたくてウズウズ!
早速、読もうっと!