自分“好み”のことから英語を学ぶ『このみんぐりっしゅ』

育児中心。英検準1級取得済み。英検1級合格を目指します!

アウトプット力を磨かなきゃ!

お盆休みを終えて、通常通りに勉強しようと思っていたのですが、子どもの行事や誕生日などでかなりのスローペースになった1週間。
ラジオ英会話とその復習、前回のブログで書いたIBCオーディオブックの『イソップ物語』を少しずつ読むということだけはなんとか出来ているので、それで良しとしようかなといった感じです。
 
「まぁでも、もっと英語に触れないといけないよなー、だけどちょっと用事で疲れてるしなー、でもここが踏ん張りどころ!」と気合いを入れたい時にするのが、DMM英会話の教材 DAILY NEWS の記事を読むこと。
レベルも書かれているので、自分の英語力や気分などにあわせて読めるのが良いところ。
 
そんな中、私が読んだのがこちら
 
特に大きな事件でもないのですが、音楽が好きなので内容に惹かれて読みました。
英文の単語も内容も比較的簡単なものなので読みやすくて良かったです。
 
でも私が言いたいのはそんな事ではなくて、その先にあるもの。
 
それは、英文記事やその内容に関する質問の下にあるDiscussionのコーナー。
 
Are there any musical instruments that are unique to your country or culture? If so, please describe them.
あなたの国もしくは文化特有の楽器が何かありますか。もしあれば、説明してください。
 
えー!日本の楽器って尺八とか三味線とかかな?
それってどう説明するの?...とかなり困ってしまいました。
 
それから
 
What music did you grow up listening to? Please explain your answer.
どのような音楽を聴いて育ちましたか。あなたの答えを説明してください。
 
どのようなって言われても、急に聞かれても困る。
最初は親が車で聞いてた曲を好きになって、小室ファミリー全盛期に入って、バンド系ブームがきて...みたいな流れなんですけど。
 
そう、これはDMM英会話の教材に限らず、他のどの教材のDiscussionの内容もそうだけど、「急にそんなこと聞かれても、日本語でも困る」といった内容が多い!
それで答えが思いつかず、モヤモヤ。そのまま英語勉強も中断ということが多い。
 
だけど上記のような質問って、落ち着いて考えたら、日常というか友だちとの会話でふいに出てくることがあるんですよね。
 
勿論、そんなときの質問はもう少し砕けたもので、答えも少し違ったものになるかもしれないけど、上記の質問の回答をアレンジしたようなものを答えてると思います。
 
私の今の英語の目標は「将来、子どもに英語の質問をされたときに、ある程度(←ここが甘い、笑)きちんと答えられるようになること」なので、これくらいは答えられるようになりたい。
 
今まで単語帳や多読のようなインプット中心の勉強だったけど、自分の考えをアウトプットする勉強にもっともっと力を入れようと思います!
そのためにも、もっと音読をして口と頭の英語の体力をつけなきゃ。
そして、これは英語力云々ではないけど、自分の意見をズバッと言えるように訓練しようと思います。
 
I can do it!!