自分“好み”のことから英語を学ぶ『このみんぐりっしゅ』

元英会話講師。現在、英語系ライター。英語多読を楽しむ毎日。主に、読んだ本の記録と英語のことを綴っています。

英語のアウトプットにお勧めのSNSアプリ「Hello Talk」

秋のせいでしょうか。
最近、友だち(ママ友は別)と会って会話をしていないからでしょうか。
SNSにはまっている私です。
 
とは言っても、リアルな友人もSNS離れをして投稿は少なく、気になる内容のハッシュタグ(例えば、朝ドラの『まんぷく』の感想等)を見つけて、ずらーっと投稿を読んで「あー、私もそのシーンが好き」とテンションがあがって...ただそれだけ。
 
そういう時間があっても良いとは思うけど、他にやった方がいいことがあるのに、それに長時間費やす私はダメだなぁと反省。。
 
でも、そんなSNSにもメリットはあります。
まず、英語学習仲間の投稿を見て刺激を受けられる。
そして、英語のに関しての素敵な情報をゲットできる。
 
私がラジオ英会話を始めたのも、『FACTBOOK』の存在を知って購入したのもSNSからの情報のおかげでした。
 
私同様、英語の学習にSNSを活用してる方も多いのではないでしょうか。
でも、ついつい友人やアーティストの投稿にばかり気が向いてしまうこともあるはず。
 
だったら、Twitterで海外アーティストをフォローしたり、英語で投稿をすれば良いのではないでしょうか。
 
実は昔、私自身がこれに挑戦したのですが、そもそもそこまで海外アーティストに興味がないし、自分の英語があってるかどうかも怪しいし、なかなかフォロワーも増えない(私のやり方が悪いと思う)のでモチベーションも下がり、フェードアウトしていく...というのを何度か繰り返していました。
 
そんな中、SNS徘徊で知ったのが『Hello Talk』というアプリです。
 
えー!今さら知ったの!?
という方もいらっしゃるとは思いますが、私同様知らなかったという方のためにこちら。
 
簡単に言うと(言えるのか?)・・・
学びたい言語で呟く(Twitterのような感じ)。
その言語を母国語としている方や得意な方が訂正してくれる。
日本語を勉強している方の投稿に誤りがあれば訂正してあげる。
友だちになったら、チャットなどで交流を楽しむ。
・・・といった感じです。
 
さらに知りたい方はこちらのブログで詳しく書かれているので、こちらをどうぞ。
 
 
 
そんなわけで私も早速、会員登録をして始めてみました。
 
Twitterのような感覚で何気ない日常を英語で呟くと、イイネみたいな感じで♥がついたりコメントをくれたりします。
Twitterで英語で呟いたときは誰も反応してくれなかったのですが、Hello Talkだと毎回何人かが反応してくれています。
「言語交換したい」「国際交流をしたい」という人たちが登録しているから、積極的な人が多いからなのでしょうか。
 
そして、この「Hello Talk」の最大のメリットは
 
間違った英語を誰かが訂正してくれる!ことです。
 
自分が投稿した英文と訂正してもらった英文をノートに書いて見直し、同じ間違いをしないように気をつけることで、ライティング力が磨かれていきますよ。
 
 
気になった方は、ぜひチェックしてみてください。
 
See you next time.