自分“好み”のことから英語を学ぶ『このみんぐりっしゅ』

元英会話講師。現在、英語系ライター。英語多読を楽しむ毎日。主に、読んだ本の記録と英語のことを綴っています。

『Snow Dog』読了と仮定法

寒い日はお部屋で温かいものを飲みながら読書するに限る。いや、ビールなんかを飲みながら軽くほろ酔い読書もいいなぁ…。
 
そんなわけで、昨日読了しました。
 
『Snow Dog』(Corgi pups)
 
f:id:konominglish:20190125204711j:image
 
私は図書館で借りたのですが、現在Amazonで販売されているものと表紙が違います。
 
Snow Dog

Snow Dog

 

 

私が読んだバージョンの中の挿絵がとても可愛かったので、Amazonで販売されているものと中身が同じか気になるところです。
 
 
ストーリーはというと、主人公の女の子は犬を欲しがっているのですが、彼女の両親は反対します。そんな時、彼女はとある理由からおじいちゃんとスノードームキットで犬を作ることになりました。完成したスノードームの中の犬はとても可愛く、彼女はその犬のことがとっても大好きになります。
 
そこで彼女がスノードームの中の犬に囁いたひとこと
 
“I wish you were real, then I could play in there with you.”
 
あー、めっちゃわかる!
 
昔、リカちゃんとその家族たちを使ってドールハウスで遊んでた時に、どれだけ私も香山(リカちゃんの苗字)家を自分の足で訪れたかったことか。
 
昔、戦隊モノにはまっていた時に、どれだけ彼らと同じ街に住んで助けてもらったり、時には一緒に戦ってみたいと思ったことか(今となっては、あんなに敵が現れたり、建物が壊される街には絶対に住みたくないと思う)。
 
そして、仮定法。
TOEICや英検の勉強中は見かける頻度の少ない(私だけ?)文法。多分、出てきてはいるんだろうけど、あまり気にしてませんでした(←おいおい!)。そして日記などの英作文をするときも、大抵が過去形などで仮定法を使うことが滅多にありませんでした。
 
だけど、こうして物語の中で、しかも可愛い女の子が「~だったらいいのになぁ」と囁いてるシーンなんて印象的で、この英文を見た瞬間に「これこれ、仮定法!こういう時に使うんよね!」となんだかテンションがあがってしまいました。
 
ちょっと前に流行った「タラレバ」。
「もし~してたら」「もし~してれば」これも仮定法。
実は、日常生活で結構使う表現なんですよね。この機会に再度復習しておこうと思います。
 
そして肝心のその後の物語の展開は…読んだ方だけのお楽しみということにしておいた方がいいですよね。
 
 
今週末は家族でお出かけをする予定なので洋書での多読の進みが遅いかもしれませんが、その分スキマ時間に英字ニュースなどを読んで英語に触れるようにしたいと思います。
 
では、Have a nice weekend!