自分“好み”のことから英語を学ぶ『このみんぐりっしゅ』

元英会話講師。現在、英語系ライター。英語多読を楽しむ毎日。主に、読んだ本の記録と英語のことを綴っています。

多読3原則と「THE GHOST TEACHER」

私が昔、初めて英語多読に挑戦した時に当時の英語の先生から聞いた「多読の3原則」。
 
・辞書を引かない
・分からないところは飛ばして前に進む
・つまらなくなったら止めて後回し
 
そして、楽しく読むコツは
・辞書は全く引かない
・辞書を引くのは多くても1冊3語まで
・辞書を引くのは本を読み終えてから
 
また、「多読をする洋書を選ぶときは1ページに5語以上分からない単語があったら、それはまだ読むものではない。」と先生が仰っていて、それをノートに走り書きしていました。
 
これらを聞いた当時、まだまだ英語超初心者で、図書館も遠く、インターネットもこんなに普及していなかったので(←いいわけ)10冊未満で終わってしまっていました。
 
それが今では、読んだ本のタイトルを続々と書き記せていけるのがちょっとした喜びでもあります。
 
 
 
そして、今回ご紹介したいのは「THE GHOST TEACHER」

f:id:konominglish:20190205211448j:image
 
あらすじは…
舞台はとある学校。その学校のClass threeの生徒たちはやりたい放題。そんな姿に担任の先生もお手上げ状態。そこでたちあがったのが、幽霊であるMiss Shade。彼女はどのように生徒たちを導いていくのか...というお話。
 
 
実はこの本、1ページ目から難しい英単語の嵐です。
 
例えば、
 

It smells like an ordinary school too, all musty and dusty and chalky, with wandering whiffs of school dinners and disinfectant.

 
という英文が出てきて、
“musty”
“chalky”
“whiff”
“disinfectant”
と立て続けに難しい単語が表れます。
 
それぞれの意味は、
 
musty「かび臭い」「陳腐な」「古臭い」
 
chalky「白亜質の」「白亜色の」
 
whiff「ひと吹き」「ぶんとくる香り」「気配、兆候」
 
disinfectant「殺菌性の」「消毒の効力のある」
 
どれもあまり見かけない単語ばかりではないでしょうか。
このような単語が続くと「この本は難しそうで読めそうにない」と思ってしまいますが、ここを抜けると結構読みやすい英語が続きます。
 
物語自体はすごく面白い展開だったので、ストーリーを楽しみながら洋書を読みたい方にお勧めの1冊です。
 
では、See you soon!