自分“好み”のことから英語を学ぶ『このみんぐりっしゅ』

元英会話講師。現在、英語系ライター。英語多読を楽しむ毎日。読んだ本の記録と英語のことを主に綴っています。

おうち英語にもお勧め!「The Mouse's Vest(ねずみくんのチョッキ)」

今回のお勧め本はこちら。
 
「The Mouse's Vest」

f:id:konominglish:20190301222112j:image
 
これ、日本語版で読んだ方も多いはず。
「ねずみくんのチョッキ」の英語版です。
 
日本語版を読んだ方はご存知かと思いますが、本の7~8割程は同じ台詞が占めています。英語版でも勿論そうです。
 
だから、あらすじを書こうとすると、台詞そのものを言っちゃいそうで。
そうなると、本の内容の殆どを話してしまうことになるのでかなり難しいのですが...
 
あらすじは…
ねずみくんがおかあさんに作ってもらったチョッキ。登場する動物たちが、ねずみくんのチョッキを次々と試し着していき、気づいた頃にチョッキは...というお話です。
 
もう、英語はとっても簡単。
しかも、何度も同じ台詞を繰り返すので読み終わるまでに、繰り返されているフレーズは頭にしっかりインプットされます。
 
私はこの本を子どもに読んであげたので、自然と「音読する」という行為をして、フレーズも口からスラスラとでるようになりました。
 
さらにこの本の良いところは、CDもついているということ!

f:id:konominglish:20190301222219j:image
 
音読前に音声チェックをすることができます。
自分の発音に自信がなくても子どもに聞かせられます。
リスニングにもなるし、本当に有難い本なのです!
 
お子さんに英語を教えている親御さんたちにもオススメです。
気になった方は、是非本を手にとってみてくださいね。
 
 
 
さて、ここからは少し雑談です。
 
今時というか30年程前から「チョッキ」という言葉を聞くことってなくなったような気がするのですが、どうでしょう?
ただ、私は幼稚園の時に読んだこの話の印象が強かったことと、ちょっと古い言葉を使うのが面白くて、20年程前までは「ベスト」の代わりに「チョッキ」という言葉を使って楽しんでいました。
 
女性が履く「レギンス」のことも流行りだしてから数年はその言葉を覚えられずに「スパッツ」と言ってたし、「タートルネック」も「とっくり」と言ってました。
さすがに今では「レギンス」「タートルネック」と言いますが、今でもwebの検索に引っかかるようにとそれらの言葉をキーワードで入れているショップをみるとかなりテンションあがります。
 
 
では、See you.