自分“好み”のことから英語を学ぶ『このみんぐりっしゅ』

元英会話講師。現在、英語系ライター。英語多読を楽しむ毎日。読んだ本の記録と英語のことを主に綴っています。

【おうち英語】「数」を教える

f:id:konominglish:20200331083334p:plain

 

 

今回は「数」の英語を教える方法です。

 

「数」はおもちゃやお菓子の数を数えたり、お風呂で湯舟から出るまでの時間を数えたりと使用する機会が多いですよね。

そんなときに英語で数えられるようになると、いつもの数数えもちょっと楽しい時間になります。

 

では早速、「数」の英語の導入方法をご紹介していきます。

 

 

1.「数」を準備する

この「数」は、ピクチャーカードのようなものがあると便利です。

紙を10枚用意して、それぞれに1つずつ数字を書いていきます。

数字の下にone,two…と書いておくと、さらに効果的です。

 

こちらの【英語と数字】というところから無料で印刷することもできます。

happylilac.net

 

そして、導入後に数字を使って遊ぶために下記のいずれかを10個用意しておいてください。

・おはじき

・ペットボトルのキャップ

・どんぐり

・紙をまるめたもの など

 

 

2.「数」を導入しましょう

お子様の年齢にもよりますが、まずは1~3まで教えます。

先ほど準備したカードを使って、1枚ずつ見せながらone, two, threeと教えます。

その時は、親御さんに続いてお子さんにもone, two…とリピートしてもらいましょう。

ただし、無理やり言わせるのは✖。

黙っていても、あまり気にせず次に進みましょう。

 

次に、カードを袋や封筒などに入れて隠します。

その状態から、素早くカードを出して、素早く隠すということをします。

この時に親御さんが“What’s this?”(これは何?)と聞いてみましょう。

するとお子さんも当ててやろうと必死になってカードに注目して、“one”などと言ってくれるはずです。

 

慣れてきたら、4~10までも同様に導入していきましょう。

もしも難しそうだったり年齢が低い場合は、一度に全部を教えずいくつかに区切りながら数日に渡って導入するのもいいですよ。

 

 

3.「数」で遊びましょう

最初に準備しておいたおはじきやキャップなどを使います。

まずは先ほどと同様に、おはじきなどを順に置きながらone, two…と確認します。

そして、そのうちのいくつか(例えば3個)を親御さんが手の中に隠し、このように質問します。

“How many marbles do I have?” 「おはじきをいくつ持っているでしょうか?」

難しいようであれば、“How many?” 「いくつ?」でもOKです。

そして、お子さんに数を英語で言って当ててもらいます。

慣れてきたら、役割を交代してみるのも面白いですよ。

 

ここまでくれば、だいぶ「数」の英語にも慣れてくるかと思います。

そうなればあとは簡単!

普段の生活の中で数を数えるときに、英語で数えてみましょう。

 

 

★今回の英語のおさらい★

・one「1」

・two「2」

・there「3」

・four「4」

・five「5」

・six「6」

・seven「7」

・eight「8」

・nine「9」

・ten「10」

・What’s this?「これは何?」

・How many marbles do I have?「おはじきをいくつ持っているでしょうか?」

・How many?「いくつ?」

 

みなさんのおうち英語のお役に立てれば幸いです。

 

 

また、「DMM英会話」では、実際のオンラインレッスンで使用する教材などを確認することができます。

お家で英語を教えるときの参考にもなるかと思いますので、是非チェックしてみてください。